やる気が出ないときのリンパマッサージ

やる気が出ないのは、気持ちがだれているせいだと思っている方はいないでしょうか? もちろん嫌なことがあったり、心配事を抱えていたりと、気分が上がらない理由が別のところにある場合もないわけではありません。

しかしやる気が出ない原因が体の不調から来ていることも、意外と多いです。 東洋医学で言われるように「気」は人間が生きていく上で必要なエネルギーであることから、気が不足しているためにやる気が出ないというパターンもあります。 リンパマッサージを行うことで気の流れの改善も見込めますし、マッサージを続けていくうちに全身に力がみなぎってくるのを感じられるでしょう。 やる気が出ないときに有効なリンパマッサージのやり方は以下の3つの手順です。

①脚のマッサージ 片膝を立てて座ります。 左右の手のひらを、くるぶしを包み込むように当てます。 ふくらはぎ~太ももまで全体的に脚をさすってください。 手をピッタリとくっつけて行うのがポイントです。 終わったら逆側も行います。

②腕のマッサージ 立った状態で、片腕をまっすぐに伸ばします。 反対側の手で手首を握り、わきの下あたりまで腕をまんべんなくさすってください。 毒素が流れていくようにイメージをするのがコツです。 逆側も同じように行います。

③背中のマッサージ 後ろ側に両手をまわし、腰に当てます。 背中のなるべく高い位置にまで上げ、腰に向けてさすり下ろしてください。

以上が、やる気が出ないときにおすすめのリンパマッサージになります。 なんとなくだるかったり、腰が重くて動き出せないときなどにも有効なので、ぜひ試してみてくださいね。 不足してしまった気力を回復させ、心身ともに元気に過ごしていきましょう。