不眠解消のマッサージ

夜に布団やベッドに入っても、なかなか寝付けない不眠。 眠ろう眠ろうとすればするほど、逆にどんどん目がさえてしまってツラいという方もいるのではないでしょうか?

原因はさまざま考えられますが、神経が高ぶり、不安や緊張が抜けないことで眠れないパターンもけっこう多いです。 安心してリラックスした状態で寝られない人はあまりいないと思います。 つまり安眠のキーワードは”リラックス”で、就寝時にどれだけ心身を緩められるかがカギになってくるのです。

なかなか不安や緊張が抜けないという方にもおすすめなのが、お風呂上がりのリンパマッサージです。 この項では特に不安や緊張が抜けずに眠れない方に最適なマッサージを4つのステップで紹介していきます。

①鎖骨のマッサージ 手をクロスさせるように、肩の上に乗せます。 左右の手のひらをかわりばんこに使い、肩から反対側のわきの下あたりに向けてさすってください。

②首の前面のマッサージ 首の前側を弱めに握ります。左右の手をかわりばんこに使い、上から下へとさすってください。 顔を斜め上方向に向けるとマッサージしやすいかもしれません。

③みぞおちのマッサージ おなかの真ん中あたりに手のひらを当てます。 左右の手をかわりばんこに使い、恥骨~股下あたりに向けてさすり下ろします。

④腕のマッサージ 片腕を斜め下に向けてピンと伸ばします。 反対の手のひらで手首を握り、わきの下あたりまでさすっていきます。 終わったら逆側も行います。

以上が不眠のときに有効なリンパマッサージです。 温まるとリラックスしやすくなるので、特に冷えているところは念入りに行うと良いでしょう。 しっかりマッサージして安眠できる日々を取り戻しましょう。