修正テープ

最近の修正テープは進化しています。小型化はもちろん、機能性向上も併せ持ったブームは修正テープ市場にも訪れているようです。機能を追求し、形を追求し、スタイリッシュさを追求し、そんな結果、色合いや形状が様々な個性的な修正テープが次々と出てきているそうです。
必要がないところまで修正テープを引いてしまってイライラしたことはありませんか?その修正し過ぎを修正、リムーバー付きでもとに戻せる商品もあります。もとに戻したい部分をテープリムーバーで軽くこするだけ。そうすると余分な部分がはがれます。そしてそこから再び修正できるという、そういった商品があるそうです。
消した部分が裏から見えない修正テープも存在します。特殊文字パターンが邪魔をするようになっていて、透かしても見えないそうです。見られたくない部分を消したときなど重宝しそうですね。
利き手を問わず使える商品では、汚れづらく、上からすぐに書けるという特徴もしっかりと併せ持っているハイブリッドなものも存在するようです。
「1文字だけ消したい」という場合でもストレスフリーで使用できる、一点集中にこだわりをおいている商品も出てきているようです。機能性の追求で、修正テープを使ったときのギザギザしたりハガレてしまいそうな事を防止してくれるようになった商品も。
曲線も楽に修正できる360度回転するヘッドを持ったものもあります。グラフの修正などに力を発揮しそうですね。
見た目がとてもかわいらしいものもあり、修正テープ市場はどんどん進化しています。豊富なカラーバリエーションも修正テープのトレンドの1つとなっているようで、修正テープに限らず豊富なカラーが準備されている文房具市場になっているようです。