「マッサージの効果を上げるためのプラスアルファ」

Posted on

前項では、マッサージする際の注意点を説明しました。 この項ではマッサージの効果を上げたいときに知っておくべきポイントをお伝えしていきます。

  1. 服の上からではなく肌を直接さする リンパマッサージを行うときは肌にじかに触れて行うのがベストです。 脱ぐのがおっくうだからと、そのまま服の上からマッサージしてしまうと、効果が薄まってしまいかねません。 寒い時期は部屋を暖め、夏場は冷房を効かせすぎないように調節しつつ、肌を直接さするようにマッサージしてください。
  2. オイル・ジェルを活用する 基本的にリンパマッサージは皮膚の表面をさすっていくので、滑りが良いほうが好ましいです。 滑りを良くするにはボディオイル・ジェルを使うのがおすすめで、特に自分の好きな香りのものを選ぶと、リラックス効果も得られるので良いかもしれません。 お気に入りのオイルを見つけて、マッサージタイムが楽しみになってくると、日々ケアしていく上でのモチベーションアップにもつながります。
  3. マッサージはお風呂上りに リンパマッサージを行う時間帯は特に指定はありませんが、できればお風呂上りの体がポカポカしているときが良いです。 血行が良くなっている状態でケアすることで、老廃物が流れやすくなり、マッサージ効果のアップも期待できます。
  4. リンパを流すときは先端から中心へ リンパの流れは指先から体の内側へ向かって流れているため、この方向にさすっていくことが重要です。 もし逆方向にしてしまうと、効果が半減したり、かえって体調が悪くなったりしてしまうおそれもあります。

正しい向きにマッサージしてこそのリンパマッサージなので、体の外側(遠いところ)から内側・中心へ向けてケアするようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です